創業したてでもレンタルオフィスならすぐに会社を構えられる

メンズ

オフィスを探す時期

複数のパソコン

賃貸オフィスの繁忙期から逆算して、港区のオフィス物件が数多く市場に出回る時期を予測することができます。賃貸物件を効率的に検討して、工数を少なく移転を決めたい方は10月と3月に探しましょう。

事務所を借りる手続き

スーツの女性

貸事務所を借りようとすると、いくつもの手続きと必要書類を求められます。大阪のような都市には、たくさんの法人がいるため信用を保証するための手続きが大切になるからです。

定期借家契約と賃貸契約

オフィス

大阪だけでなく全国で貸事務所を借りる時には、2つの契約方法の選択肢があります。通常の賃貸契約と定期借家契約の2つです。それぞれにメリットがありますが、定期借家契約には突然の賃料の値上げなどがないという良さがあります。

オフィスはレンタルの時代

お仕事

全国的にもレンタルオフィスは数多く開設されています。レンタルオフィスを上手く活用することで月々の会社の固定費を削減することができます。レンタルオフィスの恩恵を特に受けるのが、まだ設立したての会社です。比較的ビルの賃料などが高い地域でも、レンタルオフィスであればオフィスを開設することができます。コストをおさえることが最重要な設立したての会社には大きなメリットになるでしょう。普通の賃貸契約だとビルの中に事務所を借りようと思うと、多額の保証金を準備する必要があります。さらに、初期費用としても敷金や礼金もかかってきます。これがレンタルオフィスだとかからないことがほとんどです。敷金や礼金はまったく要求されないことも多くあります。一等地だと普通に賃貸契約で事務所を構えるのは、まだ事業が軌道にのっていない段階の会社にはリスクが大きくなってしまいます。レンタルオフィスだと用途に応じて課金方法に色々な種類があるため、費用をおさえることができます。さらに、通常の賃貸契約に比較して撤退することも用意に可能です。売上が当初の計画通りに進まなくても、オフィスの固定費をすぐに変更できることは会社経営のリスクを減らすことができます。この辺の柔軟性は、創業期の会社には大きな魅力になるでしょう。また、色々な種類があり、時間で課金する時間貸しの他、マンションタイプのものもあります。自社の事業スタイルに応じて最適な形態を選ぶことができます。

Copyright © 2016 創業したてでもレンタルオフィスならすぐに会社を構えられる All Rights Reserved.